ブログ

写真撮影に1番大切なことについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
写真撮影に1番大切なことについて

は人物撮影を主にしています。

 

嬉しいことに写真を見てくれた人はこう言ってくれます。
オカモトさんの写真っていいですね!見ていて温かいものを感じます!

 

そして次にはこう僕に言うんです。
写真上手く撮るコツ教えてください!

 

僕も含めて思うんですが、人はすぐノウハウを求めたがる。
今日は写真について、僕が一番大切だと思うことをお話したいと思います。

 

 

 

写真ってなんでしょうか?

僕にとっての写真は「その人の価値を映し出す鏡」だと思っています。
人にはみんな価値があります。

価値とはいいところです。
生まれた意味のことです。
でも多くの人はそれに気づきません。
どこか自分のことを卑下して、見下している。

 

アナタが私は全然綺麗じゃないからというたびに、
僕は綺麗だと思うんです。

 

アナタが僕は全然大した人間じゃないんです、というたびに、
僕は綺麗だなって思うんです。

 

それは、
その美しい髪の毛かもしれない。
水晶のように透き通った瞳かもしれない。
笑うと凹むえくぼかもしれない。
笑うとくしゃっとするアナタの顔かもしれない。
ふと見せる悲しい顔も、
強がって前を向く力強い背中も。

全てすべて綺麗だ。

写真撮影に1番大切なことについて

自分が無力だと言いながら、立ち向かうアナタが、

負けても負けても立ち上がるアナタが、
大好きな人を守りたいと頑張るアナタが、

全てすべて素敵だと思う。
僕は”綺麗に撮ろう”としているんじゃない。
その人が綺麗だと思うから、そう見えるだけで、

 

写真だと素敵だというのは、
アナタが本当に素敵だからそう見えるだけだ。

 

人はすぐにノウハウを求めたがる。
”どうやってやるか”を求めたがる。

僕の知っている技術ならいくらでも教えるよ?

でも、大事なことはそこじゃないのにと、

「コツを教えてください」と言われるたびに、

心の奥がチクリとします。
大事なことはノウハウじゃなく、
なぜそれをやるのか」ということなのに。

 

なぜその人を写すのか、ということなのに。
思い浮かべてみてください。
その人のどこがアナタは好きですか?
その人のどこが綺麗だと思いますか?

 

コツ”とやらを教えるのなら、
僕が言えるのはただ一つ。

 

”その人のことを全力で好きになれ”ということだけです。

 

そしたらそこには魂がある。
想いが焼き付く。
ただ目の前のものを写すのではなく、

”その人を素敵だと想いながら魂をシャッター”に乗せることが大事なのに。
そうすれば、本当に素敵に写るのになぁっていつも思います。

 

なんでもそうだけど、
そのものに一番必要なことって、

”ノウハウ”には存在してないんだよね。

いつだって根底にあるのは、”なぜそれをやるのか”であって、ノウハウはただの手段なんだから。

ではでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Place:渋谷、恵比寿

model:marin

※ブログ内の写真を無断で使用することを禁止します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA